天国映画村とは、邦画を中心にみて分かち合いをする集いです。SIGNIS JAPAN 「カトリック映画賞」の選定にも参加しています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/26(木)23:39
2010082701470000.jpg


マザー
たくさんの愛をありがとう!
わたしたちは、
今もあなたを近くに感じています。
いつもわたしたちを力づけてください。
 
感謝の思いを込めて
ミサをささげます。

8月26日(木)14:00~
東京カテドラル聖マリア大聖堂
司式:岡田武夫大司教


今日は、このミサにあずかって参りました。

マザー・テレサの100回目の誕生日を600人近い方々と
祈りの中でお祝いをすることができて
とてもハッピーでした。

平凡ですが幸せな毎日に感謝し、その上で病気で苦しんでおられる方と看病をなさっている方、亡くなった方とご遺族の為に、マザー・テレサに取り次ぎをお願いしてきました。


そして、岡田大司教のお説教の一部は以下のようなお話でした。
_____________________________________

マザー・テレサは生前、世界中の愛と平和のために活動を
なさいました。
そしてその活動は、マザーの意志を受け継いだ人々によって
今も続けられています。

一見、日本は平和ですが、ここ数年の自殺者の数は連続で
3万人を超えています。
これで本当に平和といえるのでしょうか?

____________________________________

ほんとうにその通りですね。自らの命を断つほどの
苦しみとはいかなるものなのでしょうか?
私には想像もつきませんが、身の回りの人々に、マザーのように愛情を注ぐことができたら、この状況が少しでも改善できるかもしれないということを信じて、行動をおこすことにします。

本日の記念ミサの模様は、Blog「シスターのつぶやき」で紹介されていますのでご参照ください。


そして、ミサの中での第一朗読を、インド政府より異例の許可を得て日本人として初めてマザーを取材し映画を制作された「千葉茂樹監督」がなさいました。

この千葉監督の最新作「マザー・テレサと生きる」をはじめドキュメンタリー6本が以下の日程で公開されますので、ぜひ足を運んでみてください。


マザー・テレサ映画祭
9月11日(土)~24日(金)
吉祥寺バウスシアター
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigamura.blog59.fc2.com/tb.php/52-194f9ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Facebook

カテゴリー
プロフィール

天国映画村

Author:天国映画村
選定した「宿題映画」をそれぞれ映画館で観ておき、月例会で分かち合いを行っています。
同じ映画でも感じ方も様々!実に楽しいひと時です。
名画上映会の日もあります。
またSIGNIS JAPAN「カトリック映画賞」の選定にも参加し、<メディアを通しての福音的ネットワーク作り>を目指しています。
天国映画村はどなたでも参加できます!
ご興味の或る方は、Blogにも分かち合いにもぜひぜひご参加ください。

<天国映画村・分かち合い>
■活動日:不定期 日曜日午後 カトリック高円寺教会
■参加費:300円(お茶菓子代として頂戴しています。)

天国映画村スタッフ一同

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
最新記事
Twitter

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
 |   天国映画村 TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。