天国映画村とは、邦画を中心にみて分かち合いをする集いです。SIGNIS JAPAN 「カトリック映画賞」の選定にも参加しています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/05(日)23:18
さわやかな日が続いていますね。

山の紅葉もきれいでしょうね。

でも映画村の村民は今月もたくさんの映画を見ますよ。

頑張りましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
爽やかな秋の日々~!

爽やかな気候が続き、気分がイイ私です!
そんな気分に乗って映画を2本見てきました。

渋谷のユーロスペースにて「ウール100%」
レイトショーです。
レイトショーを見に行っているのに眠ってしまい、肝心なことがわからなかった、という情けないことをしたのに、懲りずに行ってしまいました。
頑張りましたよ~。今回は!
でも、レイトショーを見る体力を持ち合わせていないことを痛感しました。

内容を簡単に言っちゃうと
姉妹が毎日拾って来るゴミにモノノケが取り憑き、そのモノノケを少女が退治する。
という話。
姉妹を演じる岸田今日子さんと吉行和子さんの怪演が見事で、楽しくなっちゃいました。けれども、北浦愛が扮する少女の叫びが頭に響いてズキズキして苦しいのなんのって!! 
岸田さんと吉行さん二人が耳を押さえて苦しんでいましたが、私はそれ以上。叫びが長過ぎてうずくまりたい心境でした。叫びが出る度に「もう沢山じゃ~!」と叫びたかったほど。
全体的には、色使い、小物、ファッション、イラストなど可愛いものがたくさん出てきて、ウキウキしちゃいましたが、ファンタジーホラーみたいな部分もあり、そこは怖かったぁ。。。少女は正義の味方的存在なのですが、やっつけ方が怖い。起き上がりこぼしの目を編み棒で串刺しにするシーンでは、私も一緒に倒れそうでした。
もしかして、苦しい原因は、私の中にモノノケが大きく育っているからかも・・・なんて思いながら、フラフラとした足取りで帰宅したのでした。


そして、もう一本は
東京都写真美術館での「ニキフォル 知られざる天才画家の肖像」
日本では無名に近いポーランドの画家の晩年の話。
いわゆるポーランドの山下清。
号泣する作品ではないけれど、あらゆる意味で感動できる作品です。終わった後もその余韻は続き、心地良さを味わせてくれます。
「色を決めるときは、まず色に聞け」と言ったニキフォルの言葉が印象的でした。
で、何がスゴイって、このニキフォルを演じているのが、「ぼくの神さま」でオスメント君と共演した86才のクリスティーナ・フェルドマン。
ポーランドでは最も有名な女優だそうです。
ニキフォルになりきった彼女の演技の素晴らしいこと!!
それを見るだけでも十分価値があります。
知識を持たず見に行き、一人の老人の姿に触れるのも良いかも。そして、彼の世話をするマリアン(男性)と一緒にニキフォルの晩年を共にするのも、この秋にはピッタリでしょう。
なお12月14日まで、ニキフォルの作品10点が展示されています。
「私の絵は私が生きた証として永遠に残るであろう。私の絵は私の分身なのだ。他の奴らの絵とはまったく違う。もっと近くで私をみてごらん」と言うニキフォル。彼の素朴で純粋な作品に、ぜひこの機会に触れてみてください
2006/11/05(日) 23:31 | URL | ちゃらんぽん #-[ 編集]
スゴイ人生に触れたよ!!
あー、がっくりよ!
せっかく書いたのに、最後にハートマークを入れようと思ったら、
全部消えちゃって。。。<コメントを投稿>の文字以外すべて真っ白になっちゃった。
うーー。。。

でも、お伝えしたいので、気を取り直して書きます。

イギリスのロックグループQUEENN のヴォーカリストであるフレディー・マーキュリーの映画『フレディー・マーキュリー 人生と歌を愛した男』を見てきました。
関係者のインタビューを交えて、彼の生涯を語るドキュメンタリーです。
17日までは上映しますが、その後は未定というので、あわてて見に行ったのでした。
私は、ファンであるから感動の波に酔いしれていましたが、ファンでなくとも感動できるでしょう。

彼のロックのような人生は、楽しい、楽しい!
いかにもフレディーぽい楽しみ方にわくわくしちゃいました。

HIVに感染して45歳という若さでこの世を去ってしまったフレディー。
映画が終わりに近づくにつれ、このことについて触れていました。

抽象的な死ではなく、具体的な死と向かい合っていたり闘っている人の強さと、パワーは半端ではない。
感動に値します。

映画を見ながら私は、病気と闘っている友人を思い出しました。
あまりに重すぎる十字架を背負っている友人は、
今も病室で、一人で闘っています。
友人の辛さ苦しさに比べたら、私の辛さなんて塵にもならない。。。

フレディーは人生を楽しんで生きていました。
そして、最期も楽しく迎えていました。

フレディーにならって・・・
一秒でもいいから、友人が辛さや苦しさを忘れることが出来る何か楽しいことを考えよう!!

『キンキーブーツ』と同じくらいオススメしたい映画です。
もしかすると、それ以上かも。
何故なら、ナマの声で、生きている人間が語っているのですから!真実ありき、です!
みんなが、いかに彼を愛しているか、大切にしているかを
体感できる映画です。
(・・・ファンだから甘いかなあ???)

2006/11/06(月) 23:38 | URL | ちゃらんぽらん #-[ 編集]
 晴佐久やす子さんの追悼を兼ねて十年振りに映画村に来ました。天国にもまことの映画村があると思うんです。いろんな映画のあんなこともこんなことも全て聞くことができる映画村です。
 映画が今この時も作られています。
 伝えたいこと、知ってほしいことをなんとかして伝えるために。あるいは生きた証として。映画村で教えて貰ったことは懸命に作られた映画を懸命に見ること、そして、同じ作品を見てもまったく感じ方が違う面白さ。一生懸命映画を見ることって映画を作ってくれた人たちと繋がることですよね。
 私もいつか天国のまことの映画村にいくその時まで、できるだけ映画を見たいと思うのです。
 時々しか参加できないですが、細々とでも映画村があるということで励まされる人がいること忘れないでくださいませ。
 そして、会費を払い忘れました。つけにしてください、いつかきっと払いますから。
2006/11/24(金) 14:00 | URL | 坂本 #-[ 編集]
これから宿題映画を見てきます
 こんにちわ
 十年振りのさかもとです。
 先日はお世話になりました。そして、楽しかったです。前回に先生から頂いた戦争当時の資料を見ているうちにどうしてもこの映画を見てみたいという気持ちになりました。たいてい、このような大作系は必ずDVDになるのであんまり映画館にまで足を運ぶことはないんですけど・・・。
 手紙というものが好きというか、大切に思っています。
 最近はメールですますことが多いですが・・・。
 聖書のどこかは忘れたけど、パウロが言っていませんでしたっけ?あなたがたは手紙でありますって。その人のことを考えながら字を書くという行為も最近は字を打つですから。ましてや戦場から命がけどころか命とひきかえに届けられる最後のメッセージですから。土曜日のフジテレビのドラマも良かったですよね。
 とにかく、映画を見てきます。
2006/12/11(月) 14:40 | URL | さかもと #-[ 編集]
otegami
坂本さん

書き込みありがとうございます。
宿題映画見てくださるとの事、感謝です。

ママの追悼ミサも無事終わり、ホッとしてるんだけど、でもとっても寂しい気持ちになりますe-263

ママがご自身を通して示してくださった神様への愛と信頼・・・
それらが私たちの中に根付き、
ささやかに、でも力強く育っていきますようにと
お祈りしています。

先月の宿題映画「手紙」も見ていただきたいです。
個人的にはカト賞候補かと思っていますの。

分かち合い又は見納め会にぜひおいで頂ければ・・とお待ちしています。
2006/12/12(火) 20:06 | URL | 村人0319 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigamura.blog59.fc2.com/tb.php/22-41089977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Facebook

カテゴリー
プロフィール

天国映画村

Author:天国映画村
選定した「宿題映画」をそれぞれ映画館で観ておき、月例会で分かち合いを行っています。
同じ映画でも感じ方も様々!実に楽しいひと時です。
名画上映会の日もあります。
またSIGNIS JAPAN「カトリック映画賞」の選定にも参加し、<メディアを通しての福音的ネットワーク作り>を目指しています。
天国映画村はどなたでも参加できます!
ご興味の或る方は、Blogにも分かち合いにもぜひぜひご参加ください。

<天国映画村・分かち合い>
■活動日:不定期 日曜日午後 カトリック高円寺教会
■参加費:300円(お茶菓子代として頂戴しています。)

天国映画村スタッフ一同

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
最新記事
Twitter

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
 |   天国映画村 TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。