天国映画村とは、邦画を中心にみて分かち合いをする集いです。SIGNIS JAPAN 「カトリック映画賞」の選定にも参加しています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/14(月)16:39
暑いけど夏休みって楽しいですね。

皆さん、映画見ていますか?

さて9月の宿題映画が決りました。

紙屋悦子の青春」です。

私も仲間と見てきました。

ナント初日舞台挨拶つき!!

原田知世をはじめ出演者の美しい事!!

個人的には小林薫・・・・
かっこよかったわぁ

皆さまも感想を教えてね。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
紙屋悦子の青春、観ましたよ!
敗戦の日に、紙屋悦子の青春を観ました。
この映画は、プログラムによると戯曲を映画化したようで、
出演者のセリフと演技が鑑賞者の感性に訴えてくる、
とても、考えさせる戦争映画でした。
しかし、飛行機も空襲警報も逃げ惑う人々も出てこない戦争映画です。それだけに、単に、セリフの小気味よさに流されると、爆笑映画になってしまいます。主人公とその家族とごく一部の人間しか出てこない。小さい世界しか映像は、映し出しませんが、感性を研ぎ澄まして、出演者の場面に自分の身をおくと、悲しい映画になりました。是非、ご覧になることをお勧めします。
2006/08/17(木) 07:53 | URL | 映画村のおさぼり村民 #-[ 編集]
戦争もの
戦争ものを多く見に行った夏でした。
計画的ではなく、振り返ったら「あら、ま、戦争関係ばかり」でした。

紙屋悦子の青春
蟻と兵隊
イノセント・ボイス
ホテル・ルワンダ
白バラの祈り
ヒトラー
王と鳥

つくづく、今の私は幸せだあと感じたのでした。
そして、最後まであきらめちゃあイケナイ。希望を持って!
でした。

『白バラの祈り』は、心を揺さぶられました。21才という若さで
最後まで権力に屈しない姿に感動。彼女の相手をまっすぐ見つめる目に真の強さを感じました。

『紙屋悦子の青春』については、おさぼり村民さんが書いたとおりなので割愛。
『イノセント・ボイス』は紙屋のハード版。戦争シーンが出て来ます。でも、子役の演技が上手いの!紙ホタルが美しくて、闘いがある現実が消えそうなくらいでした。

『王と鳥』は宮崎駿が影響を受けたフランスのアニメの古典。
何もかもが古くなくて、静かに訴えて来るのです。音楽が良かった!台詞がなくても音楽で感じられるのです。

リバイバルが殆どですが、良いものは良いですね。
実話はリアルです。
2006/08/26(土) 18:13 | URL | 幸せボケ #-[ 編集]
戦争の映画
終戦記念日に「紙屋悦子の青春」を見に行った
おさぼり村民さま。

同じ日に村民の一人は「蟻の兵隊」を見に行ったようですね。
終戦記念日にどちらも反戦映画・・・

素晴らしい・・・

黒木和雄追悼上映を池袋の「新文芸座」でやっています。

村民数人が通い詰めで見に行っています。
私も「TOMORROW/明日」を見てきました。

長崎に原爆の投下される前日の庶民の一日が
明るい夏の日差しの下、描かれています。
悲惨な戦争中でも、人々にはこんなにも日常の生活があったんだナァ・・・・驚き、
それだけにその人々の下に投下された原爆の恐ろしさ、戦争の酷さをあらためて思いました。

最近、戦争映画、反戦ものでない、軍隊の映画も
多いですね。

恐ろしい事です。

2006/08/27(日) 16:23 | URL | gabu #-[ 編集]
紙屋 悦子の青春
「神谷悦子の青春」見ましたよ。
最初に 主人公夫婦の年をとった姿を見せてくれたので・・
戦争によって死なないのね・・・ということで
安心してみていられましたね。

戦争が題材なのに・・戦争シーンそのまま、死ぬシーンが
映像にない映画だったからよかった。

戦争ものなのに・・あんなにクスクス笑えた・・ほほえましい
愛情たっぷりの映画でした。
あの時期に おはぎが食べられる食料事情も
祖母から聞いている東京の食料事情も違って・・・。
みなさま おすすめです。

2006/09/08(金) 23:54 | URL | お久しぶり村人1 #-[ 編集]
お知らせ
はじめまして。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
ときどき寄ってみてください。
「紙屋悦子の青春」、私も見ました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2006/09/10(日) 21:23 | URL | kemukemu #5jYE.wrM[ 編集]
コメントありがとうございます!
kemukemuさん!コメントありがとうございました。
サイトに遊びに行きましたが、写真お上手ですねv-212
私も学生時代に少しだけモノクロ写真を撮ってました。。。
また、始めたくなりました。。。

私の母も、満州引き上げ組です。
しかし、敗戦して引き上げてくる時はとてもつらい思いをしたようで、子供ながらに戦争のことは聞いてはいけないのかな~なんて思っていました。。。
幸い両親ともに健在なので、今の内に話しを聞いておいた方がいいのかもしれませんね。
2006/09/12(火) 02:21 | URL | 村人22号 #-[ 編集]
kemukemu さん
村人のgabuです。

ブログ拝見しました。
書き込みをしたかったのですが、
送信が出来ませんでした。
承認が必要なのかしら?

私の母も喧騒体験がありますが、
一度も母からその時の事を聞いたことがありませんでした。

でも一昨年かな?
孫からせがまれて(学校の課題「戦争体験を聞いてくる」)ポツポツ話してくれました。
幼かった母が味わった戦争の記憶・・・

何故か最近、戦時中の事を母は話すようになりました。
古い記憶を思い出したというよりも、
傷を乗り越え、話せるようになるのに
60年以上必要だった・・・という感じです。

幼い弱い者たちを一番に苦しめながら
戦争は今も世界中で起こっているのですね。

ブログ、また覗いてくださいね。
2006/09/12(火) 11:29 | URL | gabu #-[ 編集]
22号さん、gabuさん、コメントありがとうございました。また、寄ります。
2006/10/04(水) 12:24 | URL | kemukemu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigamura.blog59.fc2.com/tb.php/18-29bb9af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Facebook

カテゴリー
プロフィール

天国映画村

Author:天国映画村
選定した「宿題映画」をそれぞれ映画館で観ておき、月例会で分かち合いを行っています。
同じ映画でも感じ方も様々!実に楽しいひと時です。
名画上映会の日もあります。
またSIGNIS JAPAN「カトリック映画賞」の選定にも参加し、<メディアを通しての福音的ネットワーク作り>を目指しています。
天国映画村はどなたでも参加できます!
ご興味の或る方は、Blogにも分かち合いにもぜひぜひご参加ください。

<天国映画村・分かち合い>
■活動日:不定期 日曜日午後 カトリック高円寺教会
■参加費:300円(お茶菓子代として頂戴しています。)

天国映画村スタッフ一同

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
最新記事
Twitter

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
 |   天国映画村 TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。