天国映画村とは、邦画を中心にみて分かち合いをする集いです。SIGNIS JAPAN 「カトリック映画賞」の選定にも参加しています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/08(月)12:02
真正の家族の映画

シグニスジャパン顧問司祭  晴佐久昌英

「家族」って、なんだろう。
血のつながりじゃない。夫婦とか養子とかは、血はつながっていないけれど家族だ。
法律で決めることでもない。親友とか同居人とか、家族以上に家族だってことがある。
カトリックの結婚式で、二人の誓いに続いて司祭が宣言する言葉がある。
「神が結んだものを、人が分けることはできません」
聖書にあるイエスの言葉だが、これこそが、家族の定義なのではないだろうか。
家族とは、大いなる力に結ばれていると信じて、ともかく一緒にいるチームのことだ。
その人がどんな性格か、その人を好きか嫌いか、その人に何が出来るか出来ないか、そういう個々の条件と一切関係なく、天のご縁を信じて共にあり続けるチームがあるならば、それは間違いなく家族だ。

この映画は、家族の映画だ。撮っている対象は一児童養護施設だが、血縁ではないのに、血縁に恵まれなかった子どもたちとただひたすらに一緒にいるという稀有なチームを撮っているという意味で、真正の家族の映画だ。互いにぶつかりあうこともあるし、失敗することもあるし、時には疲れ果てることもあるけれど、ともかく一緒にい続けて、共に成長していくチームを、カメラは愛情を持ってどこまでも追い続ける。
こうなるとこれはもはや、ホームムービーであろう。撮っている人もまた、いつしか家族の一員になっていることが、画面の端々から隠しようもなくにじみ出ている。はじめのうちは音楽もナレーションもないことに戸惑ったが、ホームムービーだと考えれば納得がいく。撮る者にしてみれば、そこにただ愛する子どもが映っていればいいのだから。
撮ることは、愛することだ。カメラもまた「隣る人」となって、つらい現実を背負う子どもたちと一緒にい続けたことに、賞を差し上げたいと思う。
スポンサーサイト
2013/04/08(月)11:43
2013年 第37回日本カトリック映画賞決定

受賞作品 隣る人
監督   刀川 和也


公式HPhttp://www.tonaru-hito.com/

親と暮らせない子供たちと、隣り合う保育士たち。
そして、子供とふたたび暮らすことを願う親。
ある児童養護施設の日常を追う八年間の物語。

授賞式&上映会
6月22日(土)*13:00~  *16:30~
川崎アートセンターアルテリオ劇場
**チケットは四ツ谷サンパウロ書店 イグナチオ売店で4月下旬より販売予定
顧問司祭 晴佐久昌英と監督・施設長との対談なども予定しています。隣る人
Facebook

カテゴリー
プロフィール

天国映画村

Author:天国映画村
選定した「宿題映画」をそれぞれ映画館で観ておき、月例会で分かち合いを行っています。
同じ映画でも感じ方も様々!実に楽しいひと時です。
名画上映会の日もあります。
またSIGNIS JAPAN「カトリック映画賞」の選定にも参加し、<メディアを通しての福音的ネットワーク作り>を目指しています。
天国映画村はどなたでも参加できます!
ご興味の或る方は、Blogにも分かち合いにもぜひぜひご参加ください。

<天国映画村・分かち合い>
■活動日:不定期 日曜日午後 カトリック高円寺教会
■参加費:300円(お茶菓子代として頂戴しています。)

天国映画村スタッフ一同

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
最新記事
Twitter

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
 |   天国映画村 TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。