天国映画村とは、邦画を中心にみて分かち合いをする集いです。SIGNIS JAPAN 「カトリック映画賞」の選定にも参加しています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/19(月)00:00
それでも僕はやっていない見てきました。

とっても恐いお話し。

「ホントの事だから、裁判官はきっと分かってくれる」
という主人公の思い


共感できます。

でも駅員、乗り合わせた乗客、警察官、

アパートの管理人、被害者etc、

みんな大した悪気はないんだけれど、

みんな少しづつ鈍感で無責任な事をしてしまう。


その結果、主人公の青年は

「自分が無実だという事を実証しなければならない」
という

とても厄介な事態に巻き込まれ、大変な苦しみを受ける結果となる。

でもその結果には誰も責任を負わない。


「やっていないということは、この自分が一番知っている
 だから、やったとは言えない」


これって
「どんなに上手くやって、誰にもばれなくても
 やった自分は一番良く知っている」って事。


・・・・神さまも全て!ご存知ですよね。

どんなに言えって言われたって
・・言えないよね・・
無実なのに「やりました」なんて・・・ね。





スポンサーサイト
2007/02/02(金)00:38
暖かい日が続いていて、南極の氷が解けちゃわないかって
心配ですね。


などと言いつつ見たい映画、目白押しのわたくし・・

「愛されるために、ここにいる」を観てきました。

素晴らしさに圧倒

久々に泣いちゃったわ・・・切なくて・・

切ない気持ち、大人になっても忘れないでいようね




映画っていう文化に対する歴史の差かしら?
悔しいくらいステキな映画です。

さて皆さま
どんな映画見てますか?
Facebook

カテゴリー
プロフィール

天国映画村

Author:天国映画村
選定した「宿題映画」をそれぞれ映画館で観ておき、月例会で分かち合いを行っています。
同じ映画でも感じ方も様々!実に楽しいひと時です。
名画上映会の日もあります。
またSIGNIS JAPAN「カトリック映画賞」の選定にも参加し、<メディアを通しての福音的ネットワーク作り>を目指しています。
天国映画村はどなたでも参加できます!
ご興味の或る方は、Blogにも分かち合いにもぜひぜひご参加ください。

<天国映画村・分かち合い>
■活動日:不定期 日曜日午後 カトリック高円寺教会
■参加費:300円(お茶菓子代として頂戴しています。)

天国映画村スタッフ一同

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
最新記事
Twitter

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
 |   天国映画村 TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。