天国映画村とは、邦画を中心にみて分かち合いをする集いです。SIGNIS JAPAN 「カトリック映画賞」の選定にも参加しています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/08(月)12:02
真正の家族の映画

シグニスジャパン顧問司祭  晴佐久昌英

「家族」って、なんだろう。
血のつながりじゃない。夫婦とか養子とかは、血はつながっていないけれど家族だ。
法律で決めることでもない。親友とか同居人とか、家族以上に家族だってことがある。
カトリックの結婚式で、二人の誓いに続いて司祭が宣言する言葉がある。
「神が結んだものを、人が分けることはできません」
聖書にあるイエスの言葉だが、これこそが、家族の定義なのではないだろうか。
家族とは、大いなる力に結ばれていると信じて、ともかく一緒にいるチームのことだ。
その人がどんな性格か、その人を好きか嫌いか、その人に何が出来るか出来ないか、そういう個々の条件と一切関係なく、天のご縁を信じて共にあり続けるチームがあるならば、それは間違いなく家族だ。

この映画は、家族の映画だ。撮っている対象は一児童養護施設だが、血縁ではないのに、血縁に恵まれなかった子どもたちとただひたすらに一緒にいるという稀有なチームを撮っているという意味で、真正の家族の映画だ。互いにぶつかりあうこともあるし、失敗することもあるし、時には疲れ果てることもあるけれど、ともかく一緒にい続けて、共に成長していくチームを、カメラは愛情を持ってどこまでも追い続ける。
こうなるとこれはもはや、ホームムービーであろう。撮っている人もまた、いつしか家族の一員になっていることが、画面の端々から隠しようもなくにじみ出ている。はじめのうちは音楽もナレーションもないことに戸惑ったが、ホームムービーだと考えれば納得がいく。撮る者にしてみれば、そこにただ愛する子どもが映っていればいいのだから。
撮ることは、愛することだ。カメラもまた「隣る人」となって、つらい現実を背負う子どもたちと一緒にい続けたことに、賞を差し上げたいと思う。
スポンサーサイト
2013/04/08(月)11:43
2013年 第37回日本カトリック映画賞決定

受賞作品 隣る人
監督   刀川 和也


公式HPhttp://www.tonaru-hito.com/

親と暮らせない子供たちと、隣り合う保育士たち。
そして、子供とふたたび暮らすことを願う親。
ある児童養護施設の日常を追う八年間の物語。

授賞式&上映会
6月22日(土)*13:00~  *16:30~
川崎アートセンターアルテリオ劇場
**チケットは四ツ谷サンパウロ書店 イグナチオ売店で4月下旬より販売予定
顧問司祭 晴佐久昌英と監督・施設長との対談なども予定しています。隣る人
2012/05/29(火)12:14
カトリック映画賞授賞式に寄せて

 人はだれでも必ず死にます。死ということは、人間にとってある意味でとても自然なことです。現代の科学や医療技術の目覚ましい進歩の中で、人間が全能であるかのように錯覚したとき、死は「あってはならないこと」、「単なる医療の失敗」と見られるようになってしまったのではないでしょうか。もちろん、あってはならない死がありますし、医療の発展も大切なことです。しかし一方では、だれも避けて通ることのできない死という現実から目をそらさず、死を前にしてぎりぎりまで何を大切にして生きるか、死に直面してどのような希望を持つことができるか、死を超えてなお信頼できるものは何か、そういう問いかけが今の時代だからこそ大切なのだと思います。

 砂田麻美監督がお父上の最期に向き合い、映像を撮り続け、丹念に編集するという作業をとおしてわれわれに見せてくれたのは、お父上ご自身とご家族がどのように死に向き合い、死を受け入れていくかという物語でした。それは同時に、死はすべての終わりではないという物語でもあったとわたしには感じられました。
砂田麻美監督、カトリック映画賞にふさわしい、すてきな物語をどうもありがとうございます。

                                              2012年5月12日
                                         SIGNIS JAPAN顧問司教
                                                 幸田 和生
2012/05/12(土)22:02
日本カトリック映画賞授賞作「エンディング ノート
授賞式&上映会が無事終了いたしました。

予想をはるかに超える大勢の方にお越しいただき、
お狭い中での長時間の観賞・・・
ありがとうございました。

来年はどんな作品が選ばれるのでしょう。
楽しみです。

2012/01/28(土)13:15
2012年 第36回日本カトリック映画賞が決定

授賞作品  「エンディング ノート」
監督 撮影  砂田麻美


公式HP http://www.ending-note.com/

2009年、東京。熱血営業マンとして高度経済成長期に会社を支え駆け抜けた「段取り命!」のサラリーマン・砂田知昭。67歳の時、仕事も一段落し40年以上勤めた会社を退職、第二の人生を歩み始めた矢先に、毎年欠かさず受けていた健康診断で胃ガンが発見。すでにステージ4まで進んでいた。残される家族のため、そして人生総括のために、最後のプロジェクトとして課したのは「自らの死の段取り」だった。果たして彼は人生最後の一大プロジェクトを無事に成し遂げることができたのか?そして残された家族は―。

5月12日(土)13:00~ 川崎アートセンターアルテリオ劇場
授賞式&上映会を開催します。
授賞、上映会
また砂田監督と晴佐久神父さまとの対談も予定しています。

2008/07/03(木)23:43
カトリック映画賞「ひめゆり」上映会によせて



わたしは1年ほど前に、この「ひめゆり」という映画を映画館で見ました。

この映画は、生存者たちの語りを丹念に集めて、できあがっています。

戦後、第三者たちによって、勝手な意味づけがされてきた

ひめゆり学徒隊の体験が、生存者自身の口から語られるのです。

その圧倒的な重みを感じさせられました。

「サバイバー・ミッション」という言葉があります。

「生き残った者の使命」という意味ですが、

「サバイバーだからこそ、特別な使命がある」というニュアンスが込められた言葉です。



ひめゆりの生存者の方々が「サバイバー・ミッション」を果たそうとする姿に深い感銘を受けました。

これを見終わった人にも新しいミッション(派遣・使命)が与えられると思います。

わたしたち1人1人がそのミッションをしっかりと受け取ることができますようにと祈ります。

監督の、柴田昌平さんもご出席とうかがっています。

決して忘れてはならない記憶を、このような形にしてくださって

ほんとうにありがとうございました。



シグニスジャパン顧問司教 幸田和生
2008/05/15(木)21:49
第32回  日本カトリック映画賞決定!!

      受賞作 ひめゆり  柴田昌平監督作品

   授賞式と上映会

      2008年7月4日
      なかのZERO  小ホール
   
             17:00開場

             18:00~  授賞式・上映

             20:15~  監督トーク (予定)

    チケット   1000円
      高校生・障害者(介助者1名含む)  800円



  チケット販売所   
            聖イグナチオ教会案内所    3230-3509
            スペースセントポール      3941-4971
            サンパウロ書店          3357-8642
            カトリック高円寺教会天使の森 5307-6680      
Facebook

カテゴリー
プロフィール

天国映画村

Author:天国映画村
選定した「宿題映画」をそれぞれ映画館で観ておき、月例会で分かち合いを行っています。
同じ映画でも感じ方も様々!実に楽しいひと時です。
名画上映会の日もあります。
またSIGNIS JAPAN「カトリック映画賞」の選定にも参加し、<メディアを通しての福音的ネットワーク作り>を目指しています。
天国映画村はどなたでも参加できます!
ご興味の或る方は、Blogにも分かち合いにもぜひぜひご参加ください。

<天国映画村・分かち合い>
■活動日:不定期 日曜日午後 カトリック高円寺教会
■参加費:300円(お茶菓子代として頂戴しています。)

天国映画村スタッフ一同

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
最新記事
Twitter

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
 |   天国映画村 TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。