天国映画村とは、邦画を中心にみて分かち合いをする集いです。SIGNIS JAPAN 「カトリック映画賞」の選定にも参加しています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/11/29(月)00:56
パッション 
THE PASSION OF THE CHRIST
製作年:2004年
製作国:アメリカ・イタリア合作
上映時間:2時間7分


晴佐久昌英神父のコメント  

痛い映画だけど、見ておいたらいいと思います。ただ、その理由は、映画として優れているからとか信仰を深めるために必見ということではなくて、この時代にキリスト者として生きている者として、これほど多くの人に影響を与え、影響力を持った映画っていうものがどういうものなのかを知っておく義務、とまでは言わなくとも、責任の一端ぐらいあるかなって思うからです。ぼく個人としてはそんなに褒めちぎる気は全然ないし、これで信仰が深まったってわけでもない。皆さんの年齢を考えると、わざわざ映画館まで出かけて、2時間もあんなに痛い思いをさせるのはちょっとはばかれるっていうのが正直なところです。でも、この映画の影響力を考えたらやっぱり知っておくべきではないかと。ともかく、ものすごい影響力!今まで、色々なキリストの映画が作られましたけれども、群を抜いて影響力がある。いい、悪いの問題じゃなくて、事実としてすごい影響力があった。アメリカ、オーストラリア、フィリピン・キリスト教国にこれほど影響力を与えたっていうことは何故なのか、この映画のどこにそういう影響力があるのか、っていうことをみんな、自分の頭と信仰で考えてみるのは、この時代にキリスト教徒として生きていく上ですごく意義あることだと思いました。もっとも、どんなに痛そうに見えても主役の人は血を一滴も流していませんので(笑)、どうぞご心配なく。毎日新聞の映評だったかな?「あんなに鞭打たれたら、ゴルゴタの丘に着くずーっと前に死んでいるはず」なんて書いあって、思わず笑っちゃいましたけど。昔の鞭ってただの皮の鞭じゃなくて、鉄の鍵がついていて、皮膚にガッとくい込んで裂くようなものなので、めり込むその映像には思わず「ウッ」と来ますけど、「上手に作ったね~」と見ときゃあ、あまりショックも受けずにすみますから。擬人化した悪魔が出て来たり、地震で神殿が割れたりするのもいかにもハリウッドって感じで、なんだかな~と。ただ、幾つかのことは言えると思う。 

パッションタイトル

[ 「パッション」を観て]の続きを読む
スポンサーサイト
Facebook

カテゴリー
プロフィール

天国映画村

Author:天国映画村
選定した「宿題映画」をそれぞれ映画館で観ておき、月例会で分かち合いを行っています。
同じ映画でも感じ方も様々!実に楽しいひと時です。
名画上映会の日もあります。
またSIGNIS JAPAN「カトリック映画賞」の選定にも参加し、<メディアを通しての福音的ネットワーク作り>を目指しています。
天国映画村はどなたでも参加できます!
ご興味の或る方は、Blogにも分かち合いにもぜひぜひご参加ください。

<天国映画村・分かち合い>
■活動日:不定期 日曜日午後 カトリック高円寺教会
■参加費:300円(お茶菓子代として頂戴しています。)

天国映画村スタッフ一同

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
最新記事
Twitter

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
 |   天国映画村 TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。