天国映画村とは、邦画を中心にみて分かち合いをする集いです。SIGNIS JAPAN 「カトリック映画賞」の選定にも参加しています。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/02(火)10:51
最強の二人見てきました。武蔵野館

ハリウッド物かと思っていたら、
ビックリ!!フランス映画でした。

なるほど・・・フランス映画らしい毒のある会話が満載です。

主人公が世代や生活の格差、障害など、様々な違いを超えて心を通わせ、
その結果お互いに生きていく上で影響を与えあう・・・

素敵な出来事です。

でも主人公の「圧倒的な孤独」が画面の中から強い風のように吹いてきて
私は胸が痛くなるほどでした。

自分の中にある、きっと全ての人が持っている孤独感をザッとなでられた感じ。

でもだからこそ、そんな人間同士が暖かく寄り添う事の素晴らしさ・・・

ハリウッドでのリメイクも決まっているとか。
何だかちょっと残念な気持ち・・・・
スポンサーサイト
2012/02/09(木)22:01
サラの鍵

10歳のユダヤ人少女サラは、ある朝突然に自宅で両親とともに捕えらる。
機転を聞かせて7歳の弟を秘密のクローゼットに隠すサラ。鍵をかけて・・・


収容所で両親とも離されたサラ、しかし自宅に閉じ込められた弟を助けにいくことをあきらめない。

ナチスの占領下とはいえ、フランス警察がユダヤ人を連行し収容所に移送したヴェルディヴ事件、
国家によるユダヤ人迫害の事実は1995年シラク大統領がスピーチで明らかにした


サラを演じた子役、メジュリーヌ・マヤンスのか弱く繊細で、逞しく健気な姿に圧倒されました。
ラストの静かな感動が素晴らしい。



久々に見ごたえのある作品でした。
いろんな方に見てもらいたい1本です


2011/03/02(水)16:32
ず~っと観たいと思っていた【ヤコブへの手紙】をやっと観る事が出来ました!

評判通り、とてもよい作品でした。

フィンランド映画は初めてでしたが、全体的に北欧のセンスの良さと重厚感を感じました。

私が最も印象に残ったのは、手紙が届かなくなってふさぎ込んでいるヤコブ牧師が、次のようにレイラに話すシーンです。

「届く手紙に返信し送り主のために祈ってあげることで、私は神のために役立っていると思っていたが、神が私のために手紙を与えて下さっていたのだ。」

善い行いは、もちろんそれだけで価値があるし、やらないよりやった方がいい。

でも我々は、畏れ・見栄・自己満足のために善い行いをしがちです・・・

神様への感謝の気持ちを忘れてしまっては、それは意味の無いこととなるのですね。

もしかしたら、神のために役に立てることなど人間には何一つ出来ないのかもしれません。

しかし、ヤコブ牧師の気付きはこれだけではありません。

(続きあり)

2008/05/26(月)21:30
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド見て来ました。


いや~~シンドイ映画でした。
ほら、ホラー映画って
「出るぞ、出るぞ・・。ぎゃ~~!!」って感じでしょ?

出て来るのが分かっていて、ドキドキして・・・
この映画も同じです。

もう、怖いのナンのって・・・・・



でも人間の心の中にあるブラックホールのようなもの・・

それ自体が増殖しながら、いつのまにかその人間まで飲み込んでゆく。

ドロドロした、真っ黒な、まるでコールタールのように・・・

その中に落ちた者は飲み込まれて、もがき苦しみながら

やがては 深いところで化石のように固まっていくのかも・・・


音楽がまた不気味で、不安で素晴らしいの。

見終わった後、しばらくは席を立てなくって、

ボ~~ッとエンドロールを見ながら

「2001年宇宙の旅」を見た後のこと思い出してた。

何故かしら・・・


こんな映画誰とでもは見られない・・。
濃さを共有できる人と是非!!ね・・。
2008/05/10(土)23:27
新緑が美しい季節になりました。

ゴールデンウィークも終わりましたが、
どんな映画を見たのかな?

私はさよならいつかわかることを見てきました。


軍隊でイラクに派遣されている母親が戦死してしまう家族のお話し・・

戦死するのが母親!!というところがビックリなんだけれど、

父親でも母親でも、親を失った子供たちは本当にかわいそうです。

哺乳類って親のぬくもりの中で大きくなる生き物なんだナァって、

今更ながらに感じました。

そして妻を失った夫も茫然自失・・・今にも崩れそうに・・・。

でも、子供の存在が何とか彼を踏ん張らせるのです。


あぁ・・親って大変・・

でも家族って素晴らしいわ・・・
2007/02/02(金)00:38
暖かい日が続いていて、南極の氷が解けちゃわないかって
心配ですね。


などと言いつつ見たい映画、目白押しのわたくし・・

「愛されるために、ここにいる」を観てきました。

素晴らしさに圧倒

久々に泣いちゃったわ・・・切なくて・・

切ない気持ち、大人になっても忘れないでいようね




映画っていう文化に対する歴史の差かしら?
悔しいくらいステキな映画です。

さて皆さま
どんな映画見てますか?
2006/10/01(日)17:13
あっという間に秋になり、映画を見るのに良い季節です。
まぁ、暑くても寒くて気にせずに、
一年中見てるんだけどね。

おさぼり村民さん
飛ばしてますねぇ・・。
頼もしい限りです。

キンキーブーツ」私も見て来ました。
良かったですよぉ。
こういう作品に出会うと
「映画っていいナァ・・」
「人間ってステキ!」って思います。
今月もガンガンいきましょう。

書き込みお待ちしています。
Facebook

カテゴリー
プロフィール

天国映画村

Author:天国映画村
選定した「宿題映画」をそれぞれ映画館で観ておき、月例会で分かち合いを行っています。
同じ映画でも感じ方も様々!実に楽しいひと時です。
名画上映会の日もあります。
またSIGNIS JAPAN「カトリック映画賞」の選定にも参加し、<メディアを通しての福音的ネットワーク作り>を目指しています。
天国映画村はどなたでも参加できます!
ご興味の或る方は、Blogにも分かち合いにもぜひぜひご参加ください。

<天国映画村・分かち合い>
■活動日:不定期 日曜日午後 カトリック高円寺教会
■参加費:300円(お茶菓子代として頂戴しています。)

天国映画村スタッフ一同

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
最新記事
Twitter

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
 |   天国映画村 TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。